サービス内容

基本情報

会社名 株式会社プランニング・ホッコー
創業 昭和60年7月(1985年)
設立 昭和62年8月13日(1987年)
資本金 金10,000千円
所在地 【本社】
〒007-0805 札幌市東区東苗穂5条1丁目6番33号
TEL.011-780-5577 FAX.011-780-5588

【石狩機材センター】
石狩市新港南2丁目725-4
TEL.0133-77-5775 FAX.0133-77-5515

【ローズガーデンクライスト教会内CCU】
〒060-0042 札幌市中央区伏見3丁め11-50
TEL.011-522-6721(FAX兼用)

【サイン・デザイン部事務所】
〒007-0805 札幌市東区東苗穂5条2丁目5-2
TEL.011-780-3355 FAX.011-780-3356
関連会社 株式会社エス・ディーひかり工芸
〒065-0043 札幌市東区苗穂町14丁目1-6
TEL.011-702-1114 FAX.011-702-1117
URL http://www.sd-hikari.co.jp/
HPアドレス http://p-hokkoh.co.jp/
役員構成 011-780-5588
代表者 代表取締役 会長 池﨑 豊
代表取締役 社長 池﨑 潤
取   締   役  池﨑 和子
取   締   役  小林 孝
         (株式会社エル技術コンサルタント 代表取締役)
取   締   役  森谷 茂人(社会福祉法人小樽高島福祉会 副理事長)
監   査   役  伊藤 嘉郎
         (株式会社エル技術コンサルタント 常務取締役)
顧問弁護士 奥山 倫行
従業員数 34名(2016年4月現在)
加盟団体 一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン
一般社団法人日本イベントプロデュース協会(JEPC)
日本イベント業務管理者協会(JEDIS)
NPO法人コンベンション札幌ネットワーク
公益社団法人札幌北法人会
札幌商工会議所
一般社団法人札幌観光協会
一般社団法人北海道中小企業家同友会
北海道B.M.C(全国宴会支配人協議会)
一般社団法人北海道食産業総合振興機構
北海道グリーン購入ネットワーク
札幌中央倫理法人会
許可登録 札幌市屋外広告業登録 第155号
北海道屋外広告業登録 第010384号
有資格者 イベント業務管理士 一級(社団法人日本イベント産業振興協会認定) 屋外広告士 (遮断法人全日本屋外広告業団体連合会認定)

ページの最初に戻る

沿革

1985年(昭和60年)7月 札幌市豊平区平岸3条5丁目平岸グランドビル1F
株式会社ビデオワーク(総合映像プロファクション)内にて
レンタルプランニング名称で創業開始
1987年(昭和62年)5月 札幌市東区北23条東4丁目に移転
イベント用品のレンタル及びテレフォンカードの印刷
ファンシーグッズの販売
8月 株式会社へ改組
株式会社プランニング・ホッコー設立
9月 映像制作部を北区北20条東3丁目
ICCインターナショナル株式会社(特殊撮影機材、コンサート・イベント等の電源事業)社長宅3Fにて開始
放送局用ビデオカメラを導入し、ビデオ撮影、編集業務開始
1989年(平成元年)2月 さっぽろ雪まつりビデオ制作販売、以後5年間続く
1990年(平成2年)12月 本社を札幌市東区北38条東5丁目へ移転
イベントの企画業務開始
1991年(平成3年)9月 北海道テレビ放送にディレクター1名出向
カッテングマシーン導入、看板製作部開発
1992年(平成4年)8月 札幌市東区北7条東3丁目に
レンタルショップアイ(携帯電話レンタル)開店
10月 札幌後楽園ホテル(東京ドームホテル札幌)
映像制作の委託業務開始
放送局要編集機導入(第一編集室完成)
1993年(平成5年)5月 業務拡張に伴い、業務編機及びカメラ導入
1994年(平成6年)5月 9面マルチビジョン導入(レンタル部)
ベンチャー事業部開設
11月 本社を札幌市東区北12条東13丁目へ移転
レンタルショップアイ閉店
1995年(平成7年)4月 放送局用デジタルカメラ、デジタル編集機導入
5月 ダビング用VTR50台導入(ダビング室完成)
1996年(平成8年)6月 道営北海道競馬に大型車載ビジョン貸出(3ヶ月)
7月 業務拡張に伴い、帯広出張所開設(映像制作部)
1997年(平成9年)3月 業務用デジタルカメラ(DVCAM)導入
9月 業務用デジタル編集機(DVCAM)導入
1999年(平成11年)3月 帯広出張所閉鎖
2001年(平成13年)11月 社屋購入し、本社を札幌市東区東苗穂5条1丁目6-33へ移転
2003年(平成15年)2月 DVDオーサリングシステム導入
2006年(平成18年)2月 札幌後楽園ホテル(東京ドームホテル札幌)内調整室
ノンリニア編集機導入
2010年(平成22年)6月 創和プロジェクト株式会社(プライダル関連事業)
「ローズガーデンクライスト教会」
撮影業務委託開始・映像機器導入
2011年(平成23年)9月 創和プロジェクト株式会社「ビエトラ・セレーナ」
撮影業務委託開始・映像機器導入
創和プロジェクト株式会社「ブランシュメゾン」映像業務開始
2014年(平成26年)7月 東京ドームホテル札幌内調整室
映像設備デジタル化
12月 東区東苗穂5条2丁目社屋購入(サイン・デザイン部)
2015年(平成23年)6月 株式会社エス・ディーひかり工芸 グループ会社になる

ページの最初に戻る

ご挨拶

当社は1985年に「レンタルプランニング」という社名を掲げ、総合レンタルの会社として創業いたしました。商品を所有し、顧客が必要とする期間だけ貸し出すというレンタルビジネスが、今ほど社会に認知されていない時代から、様々なイベントやビジネスシーンを裏でお手伝いをさせていただきました。社名を「プランニング・ホッコー」とした後は、レンタルだけではなく、映像制作、看板製作、イベント企画などの事業も立ち上げ、業務の幅を拡げてまいりました。そのことでイベントを包括的に対応できる総合力を身につけ、ワンストップサービス出来る事が現在の大きな強みになっております。
主な事業領域としているイベントは、人と人、人と企業、人と街が繋がりを深める場であり、コミュニケーション・メディアとして地域振興や観光、産業振興の他、企業PR、販売促進、文化・スポーツの振興等、様々な目的の達成のために活用されております。また、「共感」や「喜び」、「感動」を生むことのできる、心の通い合う場として社会的に大きな役割を担っているものと考えます。そんな中で当社も常に新たな可能性にチャレンジしながら、お客様とともに感動を分かち合える空間と喜びを提供し、社会に貢献してまいります。

理念

お客様とともに
感動を分かち合える空間と
喜びを提供する先に未来があります

新しいことに取り組み
技術を磨き
笑顔溢れる賑いを創る会社であろう

この街の一員として
街の文化や経済が進展する多彩なシーンで
いつも役立つ存在でいよう

私たちは、自らが未来を照らす光でありたいと考えます

企業としての取り組み

環境活動

  • 事業活動のあらゆる領域で環境負荷軽減に配慮したイベントの啓蒙と提案。
  • 「リデュース(ゴミの発生抑制)」「リユース(再利用)」「リサイクル(再資源化)」の実践。
  • 各種照明器具の消費電力削減提案。

環境活動

  • 事業活動における各種資格の取得推進。
  • 業務に関する安全装置、安全対策の励行。
  • 機器の安全管理、保守。

グローバル・コンパクト10原則

弊社は2012年にグローバル・コンパクトに加盟し、社員への通知、そして活動を始めました。
引き続きグローバル・コンパクト10原則を支持し、普及に勤めると共に企業活動を進めてまいります。

グローバル・コンパクト10原則

人権
原則 1 企業は、国際的に宣言されている人権の保護を支持、尊重し、
原則 2 自らが人権侵害に加担しないよう確保すべきである。
労働基準
原則 3 企業は、組合結成の自由と団体交渉の権利を実効あるものにする。
原則 4 あらゆる形態の強制労働を排除する。
原則 5 児童労働を実効的に廃止する。
原則 6 雇用と職業に関する差別を撤廃する。
環境
原則 7 企業は、環境上の課題に対する予防原則的アプローチを支持し、
原則 8 環境に関するより大きな責任を率先して引受け、
原則 9 環境に易しい技術の開発と普及を奨励すべきである。
腐敗防止
原則10 企業は、強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組むべきである。

ページの最初に戻る

  • 採用情報
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ